新型コロナ 県が発表する感染者の情報 21日から変更

新型コロナの感染者の全数把握を見直し、詳しい報告の対象を高齢者などに限定する運用が始まったことを受けて、県が発表する感染者に関する情報が21日から変わりました。

これまでは、すべての患者について、氏名や住所などの詳しい報告を医療機関に求めていましたが、新たな運用では、重症化リスクの高い人以外は、患者の年代と総数のみの報告となります。

このため、県は21日から、市町村別の感染者数について発表を取りやめました。

一方で、新規感染者の総数と年代別の内訳、それに亡くなった人の数はこれまでどおり発表されます。

また、鹿児島市も、報告の対象外となる患者については詳細を把握できなくなることから、これまで毎日夕方に発表していた新規感染者数について、21日から発表を取りやめました。