薩摩川内市で5歳未満の幼児にモデルナのワクチンを誤接種

薩摩川内市の甑島にある市立の診療所で、5歳未満の幼児に誤って新型コロナウイルスのワクチンを注射したことがわかりました。

薩摩川内市によりますと、甑島にある市立の診療所で、1日、日本脳炎の予防接種に訪れた5歳未満の幼児に新型コロナウイルスのモデルナのワクチンを誤って注射したということです。

子どもへのワクチン接種は5歳以上が対象であるほか、モデルナのワクチンは、日本国内では12歳以上が対象となっています。

市によりますと、診療所では、医師の左右に置いたトレイに日本脳炎ワクチンと新型コロナウイルスワクチンをそれぞれ入れていましたが、準備に気を取られ、誤って新型コロナウイルスワクチンを注射してしまったということです。

幼児は翌日、一時37度8分まで熱が上がったということですが、今のところ、健康状態に特段の問題は出ていないということです。

薩摩川内市では、ワクチンの接種にあたっては複数で確認するなど再発防止策の徹底を指示したということです。

薩摩川内市は「幼い子どもにこのような事案を起こし大変申し訳ない。安全対策を徹底し市民が安心して接種を受けられるようにしていきたい」と話しています。