10月に鹿児島県で開催「和牛オリンピック」 佐賀代表決まる

「和牛のオリンピック」とも呼ばれる品評会に出場する佐賀県代表の牛を決める最終予選会が開かれ、2頭の和牛が選抜されました。
鹿児島代表と争うのはどんな牛でしょうか?

5年ごとに開かれる「全国和牛能力共進会」は、「和牛のオリンピック」とも呼ばれる和牛の品質を競う品評会で、ことしは10月に鹿児島県で開かれます。

29日は佐賀県多久市のJAさが畜産センターで、「肉牛の部」の去勢肥育牛の部門の最終予選会が行われました。

審査員は並んだ牛を横や後ろから見ながら体の大きさを確認し、体を触って肉質を調べていました。

審査の結果、「佐賀牛宮崎牧場」と「からつ前田畜産」が育てた2頭が佐賀県代表に選ばれました。

この部門には全国からブランド和牛が出品され、よい結果を残せばブランドのPRにつながります。

佐賀県代表となった牛を育てた宮崎陽輔さんは「全国への出場がかなってよかった。佐賀牛のブランドを全国にアピールできるように頑張りたい」と話していました。

地元開催となる鹿児島県は前回、総合優勝しただけに好成績が求められています。

現在、県内では各地区で出場牛の2次予選が行われていて、来月28日と29日に霧島市で最終予選が行われることになっています。