与論島 デジタル観光マップで訪れた人たちが交流する取り組み

夏の観光シーズンを前に、与論島では訪れた人たちにデジタル化した観光マップ上で交流してもらい、島の魅力をより一層感じてもらおうという取り組みが始まりました。

ヨロン島観光協会が制作したのはパソコンやスマートフォンで見られるデジタル観光マップで、観光協会の地図や島内各地に掲載されているQRコードを読み込むと、スマートフォンなどの位置情報と連動して、現在地や周辺の観光スポットなどが表示されます。

ことし5月から始められ、目的のひとつは紙の廃棄を減らすことですが、島での滞在をより楽しんでもらおうと、アクセスした人どうしが情報交換をしたり、観光スポットについて感想を伝え合ったりするチャット機能も組み込まれています。

こうした交流を通じて、島の魅力をより一層感じてもらうのが狙いだということです。

ヨロン島観光協会の柳田真希さんは「島では季節によって場所や営業時間が変わったりすることがあるためそうした状況に対応をするために作りました。いろんな情報を得たり情報交換もできるので、ぜひ使ってほしい」と話していました。