原口さんの長女「残念で悔しくてなりません」

再審を認めない決定が出たことについて、原口アヤ子さんの長女の京子さんは記者会見で「こういう結果になり残念で悔しくてなりません。母も今回はと待ち望んだと思いますが、決定を伝えるのが残念でならないです。えん罪で悩んでいる人はたくさんいると思うのでそうした人たちの心境を聞いてあげてほしいと思います」と時折、涙を流し声を詰まらせながら話しました。

また、支援者によりますと、再審を認めない決定が出たことについて、原口アヤ子さんの姪は「これ以上弁護団やアヤ子に何を出せというのでしょうか。蛇の生殺しのようです。残念でコメントのしようがありません。罪を背負っているのは叔母、原口アヤ子ではなく警察、検察、裁判所ではないかと思っています」と話していたということです。