「大崎事件」22日に再審の可否判断 鹿児島地裁

43年前、大崎町で義理の弟を殺害した罪で服役した95歳の女性が無実を訴えて再審=裁判のやり直しを求めている「大崎事件」で、鹿児島地方裁判所が22日、再審を認めるかどうかの決定を出します。
この事件では、これまでに3回、再審を認める判断が出て、その後、取り消されるという異例の経過をたどっていて、改めて示される判断が注目されます。

裁判のやり直しを求めているのは、昭和54年に大崎町で当時42歳の義理の弟を夫らとともに首を絞めて殺害したとして懲役10年の刑が確定し、服役した原口アヤ子さん(95)です。

服役後、無実を訴えて裁判をやり直すよう申し立て、これまでに3回、地裁や高裁が再審を認める判断を出しましたが、いずれも検察の抗告を受けて、高裁や最高裁で取り消されたため、おととし、あらためて再審請求をしていました。

これまでの審理で、弁護団は、「義理の弟が死亡したのは当日に自転車で溝に転落して首に深刻なけがを負い、適切な救護措置が取られなかったのが原因だ」とする救急救命医の鑑定などを新たな証拠として提出し、殺人事件ではないと主張していました。

これに対し検察は、鑑定は信用できないなどと反論していました。

確定判決の認定をめぐって、裁判所の判断が二転三転する異例の経過をたどった事件で、どのような結論が示されるのか注目されます。