川内原発2号機 11日起動し13日に発電再開へ 九電が発表

九州電力は、定期検査のためことし2月から運転を停止している薩摩川内市にある川内原子力発電所2号機について、今月11日に原子炉を起動して13日に発電を再開すると発表しました。

川内原子力発電所2号機はことし2月に運転を停止して定期検査に入り、燃料集合体のおよそ4分の1を取り替えたほか原子炉本体や非常用電源設備など110項目の検査が行われてきました。

九州電力が7日発表した再稼働のスケジュールによりますと、今月11日に原子炉を起動して作業が順調に進めば翌日の12日には核分裂反応が連続する「臨界」の状態になり、13日には発電と送電を再開するということです。

その後、来月中旬に通常運転に入る予定です。

また今回の定期検査と並行して最大20年の運転延長の申請に必要な「特別点検」も始められましたが、少なくとも半年以上かけて原子炉や建屋のコンクリートの劣化状況などを詳しく調べることになっていて、運転再開後も続けられます。

川内原発1号機は、2年後の2024年7月に、2号機は3年後の2025年11月に、福島第一原発の事故後に定められた原則40年という運転期間の制限に達しますが、九州電力は「運転延長の申請は決まったものではない」としています。