湯崎知事「米の臨界前核実験に政府は厳重抗議を」

アメリカが核爆発を伴わない臨界前核実験を行ったことについて、広島県の湯崎知事は「アメリカの核実験を看過すればロシアや中国、北朝鮮などがさらに核抑止力を強化する」と述べ、アメリカに厳重に抗議するよう政府に求めました。

アメリカは、核爆発を伴わない臨界前核実験を5月14日に西部ネバダ州にある核実験場で行ったと発表しました。
これについて湯崎知事は21日の記者会見で「G7広島サミットでの広島ビジョンで核軍縮を進める重要性を示したのに、それと逆行する核実験を実施したアメリカ政府に大きく失望する」と述べました。
その上で「広島や長崎の被爆者から上がっている失望や非難の声にアメリカは真摯に耳を傾け、核兵器廃絶を前進させるために国際社会の模範となるよう強く求めたい」と述べました。
そして、日本政府に対しては「CTBT=包括的核実験禁止条約に違反しているかどうかの視点ではなく、唯一の戦争被爆国として被爆者や遺族の思いを受け止めてほしい。アメリカの核実験を看過すればロシアや中国、北朝鮮などがさらに核実験や核抑止力を強化する」と指摘し、アメリカに厳重に抗議し、核軍縮の着実な進展を強く働きかけるよう求めました。