リニアトンネル工事水位低下 斉藤国交相原因究明と説明求める

岐阜県内にあるリニア中央新幹線のトンネル工事の現場周辺で、井戸などの水位が低下している問題で、斉藤国土交通大臣は、JR東海に対し、速やかな原因究明と住民などへの丁寧な説明を求めました。

岐阜県瑞浪市にあるリニア中央新幹線のトンネル工事の現場では、2つの区間で地下水が湧き出し、周辺にある井戸やため池などの水位の低下が確認され、JR東海は、トンネル掘削のルートがこの先、水田が広がる盆地の地下を通るため、その手前でいったん工事を中断して地質調査を行う方針を示しています。
この問題について、斉藤国土交通大臣は、17日の閣議のあとの記者会見で「井戸水やため池の水位低下について、JR東海からリニア中央新幹線のトンネル工事の影響である可能性が高いとの報告を受けている。会社に対し、速やかに原因究明を行うとともに、地元住民の方々などへの丁寧な説明を求める」と述べました。
その上で「国土交通省としても会社が現場を調査した上で適切な処置をとっているかどうか、引き続き指導や助言を行っていく」と述べました。