新型コロナ平均患者数 岐阜県が全国で最多 インフルも3番目

新型コロナウイルスの岐阜県の感染状況は1月7日までの1週間で1医療機関あたりの平均患者数が15.23人と、全国の都道府県で最も多くなりました。
インフルエンザの平均患者数も全国で3番目に多くなっていて、県は「場面に応じた基本的な感染対策や体調管理をしてほしい」と呼びかけています。

厚生労働省によりますと、1月7日までの1週間に全国の医療機関から報告された新型コロナの患者数は7週連続で前の週より増加し、1医療機関あたりの平均患者数は6.96人でした。
一方、岐阜県は1医療機関あたりの平均患者数が全国平均の2倍を超える15.23人で、去年8月以来およそ5か月ぶりに全国の都道府県で最も多くなりました。
また、同じ期間のインフルエンザの平均患者数は20.82人と4週間ぶりに増加し、全国の都道府県では3番目に多くなっています。
岐阜県は「コロナ禍以降、初めて行動制限のない年末年始となり感染が拡大したとみられる。重症化のリスクが高い高齢者と接する際はより慎重に対応するなど、場面に応じた基本的な感染対策や体調管理をしてほしい」としています。
また、12夜に県庁で感染症対策の専門家会議を開き、感染状況の分析や今後の対策などを話し合うことにしています。