岐阜市の金神社で大しめ縄の張り替え作業

毎年、商売繁盛を願って初詣に訪れる人でにぎわう岐阜市の金神社で新年を前に、大しめ縄の張り替え作業が行われました。

岐阜市の中心部にある金神社は、商売繁盛に御利益があるとされ、毎年、商売を営む人たちなどが大勢、初詣に訪れます。
30日は新年を前に、拝殿で長さ8メートルあまり、重さ約35キロの大しめ縄を張り替える作業が行われました。
大しめ縄は、岐阜県産の稲わらで作られたもので、30日は、神職やみこが縄の最も太い部分が真ん中に来るように位置を確かめながら、針金を使って拝殿の前の賽銭箱の上に取り付けていました。
神社によりますと、正月の3が日に、約13万人が参拝に訪れる見込みだということです。
金神社の本郷啓介宮司は、「しめ縄を作る作業は難しいですが、今年の出来栄えは良いと思います。来年は辰年なので、竜にあやかって上昇する一年になってほしいと思います」と話していました。