全数把握が簡略化 県は対象外の人も独自に把握

新型コロナの感染者の全数把握が26日から全国一律で簡略化され、詳しい報告の対象は重症化リスクが高い人に限定されます。
一方、岐阜県は重症化リスクが低い人についても氏名や電話番号を把握して、自宅療養中の注意事項などの情報を提供するとともに、体調が悪化した場合などは電話で相談を受け付け、医療機関を案内することにしています。

政府は、9月2日から都道府県の判断で、感染者に関する詳しい報告の対象を、65歳以上、入院が必要な人、妊娠中の女性など重症化のリスクが高い人に限定していて、26日から全国一律での運用が始まりました。
一方、岐阜県は高齢者や妊婦などではないとして詳しい報告の対象外となる人についても、氏名や電話番号など4項目を独自に把握します。
そして、「岐阜県陽性者登録センター」の機能を拡充した「岐阜県陽性者健康フォローアップセンター」から医療機関を受診した人を含め、詳しい報告の対象外となる感染者全員にショートメッセージで自宅療養中の注意事項などの情報を提供し、体調が悪化した場合などは電話で相談を受け付けます。
また、県のフォームを案内し希望する場合は宿泊療養や食料の支援を申し込めるようにしています。
岐阜県医療・検査体制対策室の安居裕司室長は「看護師や医師が相談に乗り医療機関を案内するほか、宿泊療養施設への入所や食料の支援を受けたい方はウェブサイトで受け付けます。65歳未満の低リスクの方にも体制は取っておりますのでご安心いただきたい」と話していました。
感染者向けのセンターの電話番号は050−3613−9615で24時間受け付けています。