台風15号接近 土砂災害・低地の浸水などに警戒

台風15号が接近している影響で、愛知県の西部・東部では、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いていて、気象庁は、「線状降水帯」が確認されたと発表しました。
命に危険が及ぶ土砂災害や洪水が発生する危険性が急激に高まっていて、厳重に警戒するとともに安全を確保するようにしてください。

気象庁の観測によりますと、台風15号は23日午後3時には、高知県室戸岬の南南東約170キロの海上を1時間に25キロの速さで北へ進んでいます。
台風は23日夜遅くから24日夕方にかけて、東海地方に最も接近する見込みで、すでに発達した雨雲が流れ込んでいます。
気象庁は23日午後6時前、愛知県の西部・東部で「線状降水帯」が確認され、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いているとして「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。
命に危険が及ぶ土砂災害や洪水が発生する危険性が急激に高まっているとして、厳重に警戒するとともに、安全を確保するよう呼びかけています。
また、三重県の志摩市付近では、午後2時半までの1時間に約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。
これまでに降った雨で、愛知県と三重県では土砂災害の危険性が非常に高まっていて、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、三重県では一部の自治体に避難指示も出ています。
23日1時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、三重県で60ミリ、愛知県で50ミリ、岐阜県で30ミリと予想されています。
また、24日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、愛知県と三重県で150ミリ岐阜県で120ミリと予想されています。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒するとともに、強風、うねりを伴った高波、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうにも注意するよう呼びかけています。