台風14号 岐阜県に19日夜から20日午前中に最接近か

大型で非常に強い台風14号は、岐阜県には19日夜から20日の午前中にかけて最も近づく見込みです。
岐阜地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、暴風などに警戒するとともに、不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

大型で非常に強い台風14号は、午後3時には日本の南の海上を1時間に15キロの速さで北西へ進んでいます。
中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル、中心から半径185キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
台風はこのあとさらに発達しながら北上し、非常に強い勢力を保ったまま17日には沖縄・奄美に、18日には九州にかなり近づく見込みです。
岐阜地方気象台は16日午後4時から今後の見通しや警戒すべき点について説明会を開きました。
それによりますと、岐阜県内は台風の北上に伴って暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、18日から雷を伴って非常に激しい雨が降るところがある見込みです。
台風が最も接近するのは19日夜から20日午前中にかけてで、警報級の強い風が吹くところもある見込みです。
18日午後6時までの24時間に降る雨の量は、美濃地方で100ミリから150ミリ、飛騨地方で50ミリから100ミリと予想されています。
また、台風の進路や発達の程度によっては、18日の夜以降広い範囲で警報級の大雨となるおそれがあります。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、それに暴風に警戒するよう呼びかけています。
岐阜地方気象台の北畠健吉統括予報官は「特に山の南東から南西斜面に雨量が多くなるおそれがある。不要不急の外出を控え、安全な場所で過ごし、最新の情報に留意してほしい」と呼びかけています。
これを受けて、岐阜県は県内のすべての自治体に対し、避難情報の発令や住民への注意の呼びかけ、被害情報の報告などについて迅速かつ適切に行うよう伝達しました。