甲子園 集団感染の県岐阜商が1回戦に出場へ

夏の全国高校野球で新型コロナウイルスの集団感染と判断された県立岐阜商業は、登録選手10人を入れ替えて、9日の1回戦に予定どおり臨むことになりました。

今大会の代表校で最も多い30回目の出場となる県立岐阜商業は、大会前にチーム内で新型コロナウイルスの感染が広がり、集団感染と判断されたため6日の開会式を欠席し、大会4日目の9日に組まれた1回戦に出場できるかどうか危ぶまれていました。
今大会では、県立岐阜商業をはじめ5校が集団感染と判断されるなか、高野連=日本高校野球連盟などは、選手たちが甲子園球場で試合を行う機会を失わないように感染対策のガイドラインを改め、集団感染が起きた場合でも登録する選手全員が試合前の72時間以内にPCR検査で陰性を確認できれば、選手を入れ替えて出場できるという基準を設けました。
これを受けて、県立岐阜商業は、当初登録していたメンバー18人のうち10人を入れ替えました。
エースや攻守の要の選手などが外れることになりましたが、高野連なども全員の陰性を確認できたとして、9日の第4試合で兵庫の社高校との1回戦に予定どおり臨むことになりました。