リニア中央新幹線 多治見を通るトンネル工事が始まる 

リニア中央新幹線の多治見市を通るトンネルの工事が28日から始まり、関係者らが工事の安全を祈願しました。

工事が始まったのは、リニア中央新幹線の可児市と名古屋市を結ぶ「第一中京圏トンネル」のうち、多治見市を通る「大針工区」です。
28日は、JR東海の役員や多治見市の古川雅典市長など50人あまりが工事現場に集まり、玉串をささげて工事の安全を祈りました。
「大針工区」は可児市と愛知県春日井市を結ぶ全長約5キロの工区で、すでに工事が始まっている別の工区などと合わせて、全長34.2キロの「第一中京圏トンネル」が結ばれる予定です。
「大針工区」の完成は、2026年を予定しているということです。
リニア中央新幹線の工事では、県内に10のトンネルが設けられる予定で、去年、このうち中津川市のトンネルの工事現場では2人が死傷する事故が起きています。
多治見市の古川市長は「観光需要が増えることに期待している。事故がないことが地元の1番の願いなので、過去の事故を教訓に安全に工事を行ってほしい」と話していました。
JR東海の加藤均執行役員は「施工業者や地域と連携して、緊張感を持ち、安全最優先で進めたい」と話していました。