可児市の「ぎふワールド・ローズガーデン」で春のバラの催し

岐阜県可児市の公園では、世界各地から集めたさまざまなバラが見ごろを迎え、訪れた人たちの目を楽しませています。

可児市の「ぎふワールド・ローズガーデン」では、世界各地の約6000品種、2万株のバラが見ごろを迎え、恒例となっている「春のローズウィーク」が始まりました。
公園の入り口に設けられている「ウェルカムガーデン」には赤や白、ピンクなど色鮮やかな5500株が集められ、見渡すかぎりのバラが訪れた人を出迎えます。
また「ローズテラスとバラ回廊」では世界各地の淡い黄色や紫、オレンジ色などさまざまな品種のバラを楽しめ、訪れた人たちが写真におさめていました。
公園によりますと開花は例年より1週間ほど早く、色づきもいいということです。
訪れていた男性は「ほぼ毎日来ています。鮮やかで花が大きく元気があっていいです」と話していました。
「ぎふワールド・ローズガーデン」の小田充人さんは「去年より株が大きくなり、鮮やかに咲いています。いろいろなバラを楽しんでほしい」と話していました。
「春のローズウィーク」は6月12日まで開かれています。