イトーヨーカドーで限定販売のキーホルダー 問い合わせ相次ぐ

6日夜、閉店した福島市の「イトーヨーカドー福島店」で限定販売されていた店のロゴなどをかたどったご当地キーホルダーが、今後はどこで購入できるのかなど話題となっていて、販売する会社に問い合わせが相次いでいます。

福島市のご当地キーホルダーは、市内の印刷会社が、地元の人に親しまれるキーホルダーを作ろうというイトーヨーカドー側からの提案を受けて制作し、去年4月から「イトーヨーカドー福島店」で限定販売されてきました。

白いハトをかたどったイトーヨーカドーのロゴのほか、「円盤餃子」や「ラヂウム玉子」といった地元の特産品をモデルにしたものなど25種類があります。

印刷会社によりますと、販売数は毎月100個から200個ほどで推移していましたが、イトーヨーカドーの閉店までひと月となった先月は、少なくとも1200個ほどに急増したということです。

会社では「イトーヨーカドー福島店」の閉店を惜しむ人などが思い出の品として購入した例が多くあったとみていて、SNS上では購入できなくなることを惜しんだり、今後の販売継続を望む声が多く見られるということです。

印刷会社で商品の企画を担当している高橋樹奈さんは「今後も何らかの形で販売できるよう、社内でも検討を進めていきたいと思います」と話していました。