福島第一原発の水漏れトラブル 県が東電に申し入れ

福島第一原子力発電所の汚染水の浄化装置で放射性物質を含む水が漏れたトラブルを受けて、8日、福島県が東京電力に申し入れを行い、トラブルを「極めて遺憾」とした上で、再発防止の徹底などを求めました。

福島県危機管理部の渡辺仁部長は8日午後、東京電力福島第一原発の田南達也所長を県庁に呼び、放射性物質を含む水が漏れ出たトラブルを受けて申し入れを行いました。

申し入れでは、このトラブルを「極めて遺憾」とし、設備・作業・管理など様々な視点から調査や分析を行って再発防止を徹底することや、環境への影響の有無や、今後の対策について県民の目線で正確で分かりやすい情報発信に取り組むことなどを求めています。

田南所長は「今回の事象を重く受け止めています。原因の分析や再発防止を徹底し、今回のようなことが二度と起こらないよう全力で取り組んでまいります」と述べました。