野村農相がいわき市を訪問「水産物の風評被害の払拭に全力」

野村農林水産大臣は、福島県いわき市を訪れ、来年春ごろに予定されている東京電力福島第一原子力発電所の処理水の放出に向けて、福島県沖で漁獲される水産物への調査を強化し、風評被害の払拭に全力を尽くす考えを示しました。

野村大臣は22日福島県を訪れ、午前中はいわき市にある小名浜魚市場で福島県漁連の野崎哲会長らと会談しました。

この中で野村大臣は、来年春ごろに予定されている放射性物質を含む処理水の海への放出について「福島県の漁業者は、本格操業にあたって、水揚げの拡大に一生懸命努めている。岸田総理からは閣僚は全員が復興大臣だということを肝に銘じ、関係者に寄り添って対策に取り組むよう指示を受けている」と述べ、水産物の風評被害の払拭に全力を尽くす考えを示しました。

農林水産省では、福島県沖で漁獲される水産物の安全性を確保するため、放射性物質の検査を行ってきましたが、来年度から処理水に含まれるトリチウムも対象とすることにしていて、そのための費用として6億8000万円余りを来年度の予算編成に向けて要求しています。

会談のあと、野崎会長は記者団に対し「処理水の放出に反対する立場は変わらない。放出により漁業者の就労環境が変わらないよう、全面的な協力を要望した」と述べました。