祖母に対する強盗殺人罪の孫 検察は無期懲役を求刑

塙町に住む祖母を殺害してキャッシュカードを奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われている19歳の孫の裁判員裁判で、検察は無期懲役を求刑しました。

矢祭町の建築板金業、鈴木敬斗被告(19)は、ことし2月、塙町に住む祖母の菊池ハナ子さん(75)の頭などを鉄パイプで10数回殴って殺害したうえ、キャッシュカードなどを奪って口座から現金300万円を不正に引き出したとして、強盗殺人などの罪に問われています。

9日福島地方裁判所郡山支部で論告が行われ、検察は、「被告は殺意を否認するが、被害者の頭などを重くて硬い鉄パイプで何度も殴り、横倒しになった後もさらにゴルフスイングのようにして数回殴ったのは、客観的に見て人が死ぬ危険性が高い行為で、被告がそれをわかっていたのは明らかだ」と指摘しました。

そのうえで、「指紋がつかないよう事前に手袋を購入するなど計画的な犯行で、生活に困っていたのではなく、車の改造費を得るためという自己中心的で利欲的な動機で奪った金を、元交際相手へのプレゼント購入などで散財しており、全く反省が見られない」などとして、無期懲役を求刑しました。

これに対し弁護側は、「頭蓋骨は折れるどころがヒビも入っておらず、強烈に殴ってはいない。被告に殺意はなく、精神的に未熟だった」として、懲役15年以下の不定期刑が妥当だと主張しました。

判決は、今月15日に言い渡されます。