双葉町で初めて 帰還困難区域の一部の避難指示解除

東京電力福島第一原子力発電所が立地し、すべての住民の避難が続いてきた福島県双葉町で30日午前0時に帰還困難区域の一部の避難指示が解除されました。

帰還に向けた避難指示の解除は、双葉町では初めてで、原発事故に伴う避難指示が出された12の自治体のなかで最後になりました。

福島第一原子力発電所が立地する双葉町は、11年前の原発事故のあと町の全域に避難指示が出され、すべての住民の避難が続いてきました。

双葉町は、面積と事故前の居住人口ともに、全体の95パーセントを比較的放射線量が高い帰還困難区域が占め、役場や中心市街地などもこの帰還困難区域に含まれていました。

このため、町は、JR双葉駅周辺の市街地を含む帰還困難区域5.5平方キロメートルについて特定復興再生拠点区域として国の認定を受け、除染やインフラ整備が進められてきました。

そして、30日午前0時に、避難指示が解除され、おととし先行して避難指示が解除された北東部の地区と合わせた7.7平方キロメートルで11年ぶりに住民が居住できるようになりました。

これらの地域には、先月末時点で町の人口の64%に相当する1449世帯3574人が住民登録しています。

帰還に向けた避難指示の解除は、双葉町では初めてで、避難指示が出された12の自治体のなかでは最後になりました。

ただ、避難の長期化で町に帰還する住民は一部にとどまるとみられ、今後、どのように町の復興を進めていくかが課題となります。