大雨 土砂災害や低い土地の浸水・川の氾濫などに厳重警戒を

福島県は、前線の影響で大雨となっていて、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、それに河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけています。

日本海から東に伸びる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県内は大気の状態が不安定となっていて、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるところがあります。

気象庁によりますと、西会津町付近では、レーダーによる解析で午前5時20分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は災害が発生する危険が迫っているとして、「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

降り始めからけさ7時までに降った雨の量は、福島市鷲倉で311.5ミリ、北塩原村桧原で303ミリ、喜多方市で272.5ミリ、などとなっています。

県内では、福島市、郡山市、いわき市、喜多方市、二本松市、田村市、本宮市、伊達市、西会津町、猪苗代町、会津坂下町三春町、小野町、磐梯町、川俣町、大玉村、北塩原村、川内村、葛尾村に土砂災害警戒情報が発表されています。

西会津町によりますと、大雨の影響で、奥川地区で複数の住宅が床下まで水につかったという情報が寄せられているほか、複数の場所で土砂崩れが発生し崩れた土砂が道路をふさいでいるという情報が寄せられているということです。

また、消防によりますと、喜多方市では、塩川町、豊川町、関柴町など市内各地から「住宅に水が入ってきた」などの情報が多数寄せられていますが、午前7時現在、けが人などの情報は入っていないということです。

猪苗代町や北塩原村、それに喜多方市の一部に避難指示が出されているほか、「高齢者等避難」の情報が会津若松市の一部に出されています。

4日予想される1時間あたりの雨の量は、多いところで40ミリで、局地的には50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

5日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、会津で100ミリ、中通りと浜通りで80ミリです。

気象台は、4日夜遅くにかけて土砂災害に、また4日昼前にかけて低い土地の浸水や河川の増水・氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけています。

この影響で、山形新幹線は、4日は福島駅と山形県の新庄駅の間の上下線で終日運転を見合わせます。

このほか、磐越西線は郡山駅と野沢駅の間の上下線で、奥羽本線は庭坂駅と山形県の米沢駅の間の上下線で、それぞれ終日運転を見合わせます。

また、東北本線は福島駅と新白河駅の間の上下線で、磐越東線は郡山駅といわき駅の間の上下線で、水郡線は郡山駅と磐城石川駅の間の上下線で、それぞれ昼ごろまで運転を見合わせるということです。

また、高速道路にも影響が出ています。

磐越自動車道と東北中央自動車道は、ご覧の区間の上下線が通行止めになっています。