処理水放出 東京電力が4日から本格的工事開始へ

福島第一原子力発電所にたまるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を海に放出する計画について、東京電力は4日から放出に使う海底トンネルなどの本格的な工事を始めると発表しました。

東京電力は、福島第一原発にたまり続ける処理水について、政府の方針に従って、来年春ごろから基準を下回る濃度に薄めて原発のおよそ1キロ沖合から海に放出する計画です。

こうしたなか、福島県と地元の大熊町、双葉町は2日東京電力に対して放出に使われる海底トンネルなどの建設を了解することを伝えました。

これを受けて、3日東京電力は会見を開き、4日から処理水の放出に向けた本格的な工事を始めると明らかにしました。

具体的にはシールドマシンと呼ばれる海底の地盤を掘り進むことができる機械でトンネルの工事を始めるほか処理水を移送する配管やケーブルの設置工事などに着手するということです。

一方、これまで施設の完成は来年春ごろを目指すとしていましたが、気象条件によって工事に遅れが出るなどとして、来年夏ごろになる可能性があるとしています。

東京電力福島第一廃炉推進カンパニーの小野明代表は「自治体の了解は設備の設置にかかる安全性について確認をいただいたと認識している。風評への影響や安全性に関する懸念などさまざまな意見があり、関係者にしっかりと説明を尽くしていく」と話していました。