夜遅くにかけ激しい雨降るところも 土砂災害などに警戒を

5日の県内は大気の状態が不安定になっていて、5日夜遅くにかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みで、気象台は、土砂災害や河川の増水などに注意・警戒するよう呼びかけています。

福島地方気象台によりますと、上空の寒気と暖かく湿った空気の影響で、県内は大気の状態が不安定になっています。

レーダー解析では、福島市付近で午後1時半までの1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降ったとみられ、伊達市と国見町には一時、土砂災害警戒情報が発表されました。

引き続き、県内では5日夜遅くにかけて、雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みで、雨雲が予想以上に発達した場合、警報級の大雨となる可能性があるということです。

気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するとともに、落雷や突風、ひょうによる農作物への被害に注意するよう呼びかけています。