郵便局でサンタクロースに宛てた手紙の展示会 郡山市

クリスマスイブまで24日で1か月となりますが、郡山市の郵便局ではサンタクロースに宛てて書いた手紙の展示会が始まりました。

この展示会は、「日本・フィンランドサンタクロース協会」が毎年、各地で開いています。

会場となった郡山郵便局のロビーには、東北地方に住む2歳から61歳までの人たちが去年、サンタクロースに宛てて書いた手紙、48点が展示されています。

このうち、福島県の7歳の女の子の手紙は、夜空をそりに乗ってプレゼントを配って回るサンタクロースの絵が描かれ「寒いけど体に気をつけてください」と体調を気遣う言葉が添えられています。

また、岩手県の9歳の女の子の手紙には「プレゼントをありがとう」という言葉と一緒に、サンタクロースとペアルックの服を着てクリスマスを楽しむ様子が描かれています。

郡山郵便局総務部の阿部和則課長は「東北地方の子どもたちなどがサンタさんに宛てた手紙を見ていただいて、心を温かくしてほしいです」と話していました。

この展示会は、今月30日まで郡山郵便局で開かれています。