勝山市 9月以降保育料を完全無償化へ 

勝山市は、子育て世帯の負担軽減につなげようと、ことし9月以降、県内の自治体で初めて子どもの保育料を完全無償化することになりました。

子どもの保育料をめぐっては県がことし9月から、0歳から2歳児までの第2子の保育料を無償化する方針を示しています。
こうした中、勝山市は子育て世代のさらなる負担軽減につなげ市内の定住を促そうと、県の取り組みにあわせる形でことし9月以降、第1子の保育料を独自に無償化する方針を決め、必要な経費として、新年度の当初予算に1億500万円あまりを盛り込みました。
勝山市によりますと、所得や子どもの年齢に関係なく、第1子から保育料を無償化するのは県内の自治体で初めてだということです。
さらに新年度からは、流産しやすい「不育症」の検査や治療費を年齢などの制限なく全額助成する制度を設けることにしています。
勝山市は「すでに実施している医療費の無料化とあわせて、就学前の子どもがいる世帯への経済的な支援の充実を図ることで少子化対策に積極的に取り組みたい」としています。