新幹線開業で廃止される特急の存続を 沿線住民ら県議会に陳情

3月北陸新幹線の敦賀・金沢間が開業するのに合わせ、この区間で特急列車が廃止されることを受けて、沿線の住民でつくるグループが、県議会に対して、存続を国に働きかけるよう陳情を行いました。

JR北陸本線の金沢・敦賀間は3月16日の北陸新幹線の県内開業に伴って第3セクターに引き継がれ、大阪とを結ぶ「サンダーバード」と名古屋・米原とを結ぶ「しらさぎ」の運行がこの区間で廃止されます。
これを受けて、福井市やあわら市など沿線の住民でつくるグループが、7日県議会を訪れ、特急列車の存続を国に働きかけるよう陳情を行いました。
陳情では、特急列車の廃止によって、関西方面や中京方面へ行くには敦賀駅で乗り換えが必要になり、不便になるなどとして、北陸新幹線が大阪まで延伸するまでは、特急列車を存続させるよう求めています。
議長の代理として陳情書を受け取った県議会局の松本伸江次長は「頂いた意見は陳情書とともに議長に伝える」と応じていました。
陳情を行ったグループの橋川洋代表は「特に高齢者にとっては敦賀駅で3階から1階まで移動して乗り継ぐ負担は大きく、利便性が大きく下がると思うので存続させてほしい」と話していました。

《新幹線開業でどうなる特急列車》
北陸新幹線の金沢・敦賀間の開業によってこの区間で特急列車が廃止されます。
料金や所要時間はどう変わるのか、まとめました。
料金の面では利用者の負担が増すことになります。
敦賀駅まで北陸新幹線を使い、特急に乗り換えた場合、運賃と特急料金の合計で福井・大阪間は7290円福井・名古屋間は6960円となり、いずれも1150円、高くなります。
新幹線と特急「サンダーバード」あるいは、特急「しらさぎ」を乗り継ぐことで特急料金が増えることが要因です。
JR西日本は、きっぷの事前購入やスマートフォンを使ったチケットレスによる割引を拡充させることで、乗客の負担を減らしたい考えです。
続いて、所要時間です。
時間帯や敦賀駅での乗り継ぎ時間にもよりますが、福井と大阪や名古屋の間では多くの場合数分程度短くなる予定です。
一方で、新たな課題も見えてきました。
敦賀駅での新幹線から特急の乗り継ぎにかかる時間を最低8分と見込み、それに基づいてダイヤも組まれました。
しかし1月に敦賀駅で行われた乗り換えのシミュレーションでは乗車率100%の設定で、実際に乗り換えるまでにかかった時間は13分。
エスカレーター付近では人の流れが滞るほどの混雑となりました。
JR西日本は課題の洗い出しなどを進めるとしています。