福井県内 18日にかけ激しい雨のおそれ

低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で県内は大気の状態が非常に不安定となっています。17日昼過ぎから1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るところがある見込みで、気象台は、18日未明から明け方にかけて土砂災害に警戒するよう呼びかけています。
気象台によりますと千島近海の低気圧からのびる前線が北陸地方に停滞し、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいることから県内は大気の状態が非常に不安定となっています。17日夜には前線上に別の低気圧が発生し、そこからのびる寒冷前線が18日明け方にかけて県内を通過する見込みで、18日にかけてさらに大気の状態が不安定となる見込みです。県内では、17日昼過ぎから18日明け方にかけて嶺北、嶺南ともに雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るところがある見込みです。また18日朝までの24時間に予想される雨の量はいずれも多いところで嶺北で120ミリ嶺南で100ミリと予想されています。気象台は18日未明から明け方にかけて土砂災害に警戒するよう呼びかけています。また低い土地の浸水や、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。