イルカにかまれる被害 29日も2件 福井市内の海水浴場

福井市内の海水浴場で海水浴客がイルカにかみつかれるなどの被害が相次ぐ中、29日も海水浴客が近づいてきたイルカに手や指をかまれる被害が2件相次ぎました。
福井市は海水浴客にイルカに近づかないよう注意を呼びかけています。

福井市の越廼海水浴場では、今月に入ってからイルカが海水浴客にぶつかったり、かみついたりしてけがをさせる被害が複数確認されています。
消防によりますと、29日は福井市の鷹巣海水浴場で男性2人がイルカに手や指などをかまれたということで、市は海水浴場を一時、遊泳禁止にしました。
福井市はイルカが嫌う超音波を出す装置を取り付けたブイの数を増やすなどして対策を強化するとともに、海水浴客にはイルカを見かけても近づかず、眺めるときは陸に上がるよう呼びかけています。
一方、越前町ではダイビング中、イルカにかみつかれそうになったという人もいました。
越前町の中瀬保幸さんは、今月27日に越前町の海を潜っていたところ、イルカに追いかけられました。
イルカは体をすり寄せ、口を大きく動かしながらダイビングの器具にかみつこうとし、逃げようとしても追いかけてきたということです。
中瀬さんは「越前海岸で30年以上ダイビングをしていますが、人に近づくイルカに遭遇したのは初めてです。逃げても追いかけ続けるので恐怖しか感じませんでした」と話していました。