関東 夜遅くにかけて激しい雨のおそれ 激しい突風などに注意

関東 夜遅くにかけて激しい雨のおそれ 激しい突風などに注意

上空の寒気や湿った空気の影響で関東では大気の状態が不安定になっていて局地的に雨雲が発達しています。
19日夜遅くにかけて雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、関東は上空の寒気や暖かく湿った空気のほか、気温の上昇の影響で大気の状態が不安定になっていて北部を中心に局地的に雨雲が発達しています。
大気の不安定な状態は19日夜遅くにかけて続く見込みで、局地的に雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁は落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意するよう呼びかけています。
急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中に移動するなど安全を確保してください。
一方、19日も関東甲信の各地で厳しい残暑となっていて、午前11時までの最高気温は、千葉県市原市の牛久で33.4度、神奈川県小田原市と埼玉県鳩山町で33度ちょうど、東京の都心で32.3度などとなっています。
このあとも気温が上がり、日中の最高気温はさいたま市で35度、前橋市や水戸市で34度、東京の都心や横浜市、千葉市、宇都宮市、長野市、甲府市で33度などと予想されています。
引き続き熱中症に十分注意し、環境省のホームページなどで「暑さ指数」を確認して喉が渇いていなくても定期的に水分をとったり、冷房を適切に使用したりするなど対策を心がけてください。