覚醒剤16キロ成田空港に密輸の罪 中国人2人起訴

覚醒剤およそ16キロ、末端の密売価格にしておよそ9億9000万円相当をカナダから成田空港に密輸したとして、中国人の2人が覚醒剤取締法違反などの罪で起訴されました。
2人は逮捕後の調べに対し、事件への関与を否定していたということです。

起訴されたのはいずれも中国人の呉曼芝被告(22)と陳家明被告(23)の2人です。
東京税関成田税関支署や千葉地検などによりますと、2人は先月25日、覚醒剤およそ16キロをカナダから成田空港に密輸したとして、覚醒剤取締法違反などの罪に問われています。
覚醒剤は手荷物の3つのスーツケースに二重の袋に小分けされて入っていて、麻薬探知犬が反応して見つかったということで、2人はその場で逮捕されました。
覚醒剤は、末端の密売価格にしておよそ9億9000万円相当だということです。
警察などによりますと、いずれも逮捕されたあとの調べに対し「覚醒剤が入っていたことは知らなかった」などと事件への関与を否定していたということです。