市川市議会 本会議の映像を中継 議員の居眠りなど防ぐため

千葉県市川市の市議会は、本会議中に議員が居眠りをすることなどを防ぐため、議員の顔がわかる角度の映像をYouTubeで中継しています。

市川市議会では、本会議中に一部の議員が居眠りや議事に関係ない読書などをして市民から苦言や処罰を求める内容の電話やメールが100件を超えて寄せられていました。
このため市議会では、これまで質問に立つ議員を撮影していた中継用のカメラの向きを適宜動かすことで議員席を撮影することを申し合わせ、YouTubeで中継しています。
中継映像は録画で確認することもでき、市議会では各議員が緊張感を持って議事に臨むことが期待されるとしています。
議員からは「ピリッとしていい方向に向かうのではないか」という意見のほか「質問や答弁が退屈にならないようにする工夫も必要だ」などといった声が聞かれました。
市川市議会の松永修巳議長は「今回の新たな対策で、議員一同、襟を正し、市民の信頼を取り戻すための努力をしていきたい」と話しています。