災害時の避難所運営 学生がカードゲームで学ぶ体験会 千葉

大学生や専門学校生がカードゲームを使って災害時の避難所の運営について学ぶ体験会が千葉市で行われました。

県が主催したこの体験会は先月31日、千葉市にある千葉大学のキャンパスで行われました。
参加した大学生や専門学校生などおよそ30人は大規模な地震が発生して小学校に避難所が設けられた想定で、運営方法を学ぶカードゲームに取り組みました。
カードには年齢や性別、けがや病気といった避難者の情報が書かれていて、学生たちは体育館や教室への振り分け方や、支援物資の保管方法などについて意見交換を行いました。
専門学校に通う男子学生は「どんどん避難者が来て忙しく、実際に運営している人たちはすごいと思いました。今回の経験を生かして、災害時には自治体とも協力し、家族や近所の人たちを率先して救助できたらと思います」と話していました。
千葉県消防課の室田泰彦課長は「災害が多発するなか、地域の防災力向上のためには若い学生をはじめとした地域住民の協力が不可欠です。学生の皆さんには今回の経験を友達や家族に伝えてもらいたいです」と話していました。