千葉 市川 江戸川で見つかった遺体 司法解剖し死因を調査

千葉 市川 江戸川で見つかった遺体 司法解剖し死因を調査

4日、千葉県市川市の江戸川で女の子とみられる遺体が見つかり、警察は先月23日から行方が分からなくなっている千葉県松戸市の小学1年生との関連を調べています。

警察は5日、遺体の司法解剖を行っていて、結果がまとまり次第、発表することにしています。
4日午後、千葉県市川市を流れる江戸川の川岸近くで子どもとみられる遺体が浮いているのを、通りかかった人が見つけました。
捜査関係者によりますと、身長が1メートル10センチくらい、半袖のTシャツと半ズボン姿ではだしだったということです。
また、目立った外傷は確認できず、死後、数日以上たっているとみられるということです。
遺体が見つかった現場の上流にあたる松戸市では小学1年生の南朝芽さん(7)の行方が先月23日から分からなくなっていて、警察は、衣服や体の特徴などが似ていることから、関連を調べています。
警察は遺体の身元の確認を進めるとともに5日、死亡した原因など特定するため司法解剖を行っています。
すでに終わったということで、結果がまとまり次第、発表する方針です。一方、江戸川周辺では5日も警察や消防がダイバーなどを出し、朝芽さんの行方につながる手がかりを引き続き捜索しています。
情報の提供は松戸警察署。
047ー369−0110です。