市川の川で子どもとみられる遺体 松戸の不明女児との関連調べ

4日午後、千葉県市川市の江戸川で子どもとみられる遺体が見つかりました。
捜査関係者によりますと、女の子とみられ、警察は、上流にあたる千葉県松戸市で先月23日から行方が分からなくなっている小学1年生の南朝芽さん(7)との関連を調べています。

4日午後0時半ごろ、千葉県市川市の江戸川の川岸で子どもとみられる遺体が見つかりました。
遺体が見つかった場所の上流では千葉県松戸市の小学1年生、南朝芽さん(7)の行方が先月23日から分からなくなっていて、警察によりますと、衣服の特徴が似ているということです。
また、捜査関係者によりますと、遺体は女の子で身長は1メートル10センチくらいとみられ、靴と靴下は、はいていなかったということです。
警察や消防のこれまでの捜索では松戸市と隣接する流山市の公園で朝芽さんのキックスケーターが見つかっているほか、およそ300メートル離れた江戸川の河川敷では、靴と靴下、さらに、およそ1キロ下流にある松戸市内の取水口では帽子が見つかっています。
靴と靴下が見つかった場所は、子どもとみられる遺体が見つかった場所からおよそ15キロ上流にあたり、警察が朝芽さんとの関連を調べています。

【公園に出かけ不明に】
警察によりますと朝芽さんが自宅を出たのは先月23日午前11時半ごろ。
自宅近くの公園で母親と一緒に遊ぶ約束をして先に1人で自宅を出たといいます。
およそ5分後、母親は後を追いかけましたが、公園に朝芽さんの姿はありませんでした。
雨は降っていなかったといいます。
【30分後の姿防カメに】
自宅近くの公園から900メートルほど離れた流山市の寺に設置された防犯カメラには朝芽さんとみられる女の子がキックスケーターに乗って移動する様子が写っていました。
時刻は朝芽さんが自宅を出たおよそ30分後の23日正午ごろでした。
【キックスケーター】
そして、寺の隣にある公園からはキックスケーターが見つかっています。
朝芽さんはこの公園を訪れたことがこれまでに数回あったということです。
【河川敷の靴や靴下】
また、キックスケーターが見つかった公園からおよそ300メートル離れた江戸川の河川敷では両足の靴と靴下が見つかりました。
河川敷にあるサッカーグラウンドで見つかり、草は刈り込まれていたということです。
家族によりますと靴は片方が裏返った状態で見つかり、近くに両足の靴下があったということです。
【28日、帽子発見】
そして、先月28日には靴などが見つかった河川敷からおよそ1キロ下流にある松戸市内の取水口で帽子が新たに見つかりました。
水道事業者がみつけ、帽子には「さや」とひらがなで名前が記されていたということで家族が本人のものと確認したということです。
【捜索】
捜索は千葉県警や江戸川の対岸を管轄する埼玉県警、消防や海上保安部が行っていて、ボートやダイバーなども参加しています。
また、これと並行して、警察は目撃情報や防犯カメラの映像の分析なども進めています。