松戸 小1女児行方不明 帽子見つかった周辺など下流も捜索

今月23日から行方が分からなくなっている千葉県松戸市の小学1年生の女の子の捜索は29日も続けられています。
女の子の帽子が見つかった周辺など下流にも範囲を広げて調べることにしています。

千葉県松戸市に住む小学1年生の南朝芽さん(7)は今月23日、自宅から近くの公園に1人で出かけたまま行方が分からなくなっていて、警察や消防による捜索が29日も続けられています。
これまでに自宅近くの公園からおよそ900メートル離れた流山市内の防犯カメラに朝芽さんとみられる女の子がキックスケーターに乗って通りすぎる様子が写っていたほか、隣にある公園では朝芽さんのキックスケーターが、さらにおよそ300メートル離れた江戸川の河川敷では靴と靴下が見つかっています。
また、28日はこの河川敷からおよそ1キロ下流にある松戸市内の取水口で帽子が新たに見つかりました。
帽子には「さや」とひらがなで名前が記されていたということで家族が本人のものと確認したということです。
このため、29日は靴などが見つかった河川敷に加えて、帽子が見つかった周辺など下流側にも範囲を広げて江戸川の両岸の捜索が行われていて、ボートから水中を確認したり、ダイバーが潜ったりして手がかりを探していました。
朝芽さんは身長およそ1メートル15センチで髪はショートカット、服装はピンク色の半袖のTシャツ、青色の半ズボンだということで、警察は引き続き、目撃情報などの提供を呼びかけています。
松戸警察署の電話番号は047ー369−0110です。

江戸川を挟んで対岸の埼玉県三郷市でも、警察がおよそ40人態勢で捜索を行っています。
28日に女の子の帽子が見つかった千葉県松戸市内の取水口の対岸付近を中心に、埼玉県警の警察官が河川敷の草むらをかき分けたり川にボートを出したりして手がかりを捜していました。

東京海上保安部は28日から巡視艇を出して海からの捜索を行っています。
東京湾につながる江戸川では千葉県松戸市内にある取水口で28日、南朝芽さんの帽子が見つかっています。
東京海上保安部は江戸川から分かれる旧江戸川の河口付近を中心に捜索を続けているということです。

捜査関係者によりますと江戸川の河川敷で見つかった南朝芽さんの靴と靴下は河川敷にあるサッカーグラウンドで見つかったということです。
グラウンドは草が刈り込まれていて、家族によりますと靴は片方が裏返った状態で見つかり、近くに両足の靴下があったということです。
現場は河川敷の中央付近で、およそ40メートル先に江戸川が流れています。

朝芽さんの帽子が見つかったことを受け、家族は29日コメントを発表しました。
このなかで「想像もできないほど沢山の方が捜索に力を貸して下さっています。さやの元気な姿を再び見つけ出し、この胸に抱きしめてあたためてあげられる時まで、一緒にこの子を探していただきたいです。どうか、皆さま、よろしくお願い致します」とつづっています。

警察によりますと、南朝芽さんが立ち寄ったと見られる公園の周辺などを通った車からドライブレコーダーの映像が相次いで寄せられているということです。
しかし、これまでのところ有力な手がかりとなる情報は見つかっておらず、警察は引き続き、ドライブレコーダーの映像や情報の提供を呼びかけています。

行方が分からなくなっている南朝芽さんの目撃情報を集めようと警察は流山市内に臨時の交番を設け、情報提供を呼びかけています。
臨時の交番が設けられたのは朝芽さんのキックスケーターが見つかった流山市内の公園の近くで、28日から警察官2人が対応しています。
これまでに複数の目撃情報が寄せられているということです。

警察によりますと南朝芽さんに関する情報提供の呼びかけに対して、28日までの5日間に寄せられた情報はおよそ300件に上っています。
多いのは特徴の似た女の子を見たという目撃情報や現場周辺を通った車のドライブレコーダーの映像の提供だということです。
これまでのところ有力な手がかりは見つかっていないということですが警察は分析を進めるとともに、引き続き、情報提供を呼びかけています。

南朝芽さんの家族は29日、コメントを発表しました。
(以下、全文ママ)
さやが居なくなって、もう6日目です。
もしも、さやを保護して下さっている方がいらっしゃいましたら、その方にお伝えしたい事がございます。さやの側に居てくださっているのであれば、どうか人が多い安全な場所にそっと離していただきたいです。
コンビニなどの狭い屋内ですと、さやは走り回って逃げてしまうので、例えば広めの公園や、大きめのショッピングセンターなど、他の人がさやを見つけてくれる安全な場所で、1人で離してあげてください。
ボランティアとしてお力添え頂いている方々には、街中での捜索を止め、私共家族と一緒に待っていただきたいと思っております。保護してくださっている方がさやをお家に帰しやすい環境を、作って待ちたいと思います。
さやは、保護してくださっていた方と過ごしていた時間のことを覚えてはいても、口に出して表現することはできない子です。少しでもはやく、さやがお家に帰れるようにそっと送り出してくだされば、私共はそれ以上何も追求するつもりはありません。
どうか、よろしくお願いいたします。
家族一同