台風15号が発生 24日関東甲信にかなり接近 大雨のおそれ

23日午前、高知県の南の海上で、台風15号が発生しました。
台風は24日土曜日の午後、関東甲信にかなり接近する見込みで、局地的に激しい雨が降って大雨となるおそれがあり土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

気象庁の観測によりますと、23日午前9時、高知県室戸岬の南およそ300キロの海上で熱帯低気圧が台風15号に変わりました。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心の北側280キロ以内と南側185キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風は1時間に20キロの速さで北へ進んでいて、24日土曜日の午後、関東甲信にかなり接近したあと、25日日曜日の朝までに温帯低気圧に変わる見込みです。
台風から湿った空気が流れ込んでいるため、関東甲信では広い範囲で雨が降っていて、25日にかけて局地的に雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、警報級の大雨となるおそれがあります。
24日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで甲信で150ミリ、関東南部と伊豆諸島で120ミリ、関東北部で70ミリと予想され、さらに25日日曜日の昼までの24時間には関東南部と北部、伊豆諸島で50ミリから100ミリ、甲信で50ミリの雨が降る見込みです。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに強風や高波、落雷、突風、それに「ひょう」に注意するよう呼びかけています。
3連休の期間中、海や山など屋外のレジャーには危険が伴うことがあるほか、交通機関に影響が出る可能性もあり、最新の気象情報を確認するようにしてください。