千葉工業大学の研究グループ「イグ・ノーベル賞」工学賞受賞

千葉工業大学の研究グループ「イグ・ノーベル賞」工学賞受賞

ノーベル賞のパロディーで、ユニークな研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の受賞者が発表され、ことしは、ペットボトルのキャップをあけるときなど、ものをつまんで回すときの指の使い方を詳細に分析した、千葉工業大学の研究グループが「工学賞」を受賞しました。
日本人の受賞は16年連続です。

「イグ・ノーベル賞」は、1991年にノーベル賞のパロディーとしてアメリカの科学雑誌が始めた賞で、人を笑わせつつ考えさせる研究に贈られます。
日本時間の16日、ことしの受賞者が発表され、このうち、千葉工業大学の松崎元教授などの研究グループが「工学賞」を受賞しました。
この研究では、ペットボトルのキャップやオーディオの音量をあげるつまみなど、ものをつまんで回すとき、指をどのように使うのか、つまみの太さを変えて調べる実験を行いました。
そして、つまみの太さと使う指の本数との関係や指の位置との関係を詳細に分析しました。
主催者は授賞理由について「人間がつまみを回す際、最も効率的になる指の使い方の解明に挑戦した」としています。
日本人が受賞するのは16年連続です。
このほか9つの分野でも受賞者が発表され、このうち、人生で成功するのは、なぜ多くの場合、能力のある人ではなく運がよかった人になるのか、数学的に説明したとしてイタリアの研究グループが「経済学賞」を、法律関係の文書が不必要にわかりにくい原因を分析したとして、カナダなどの研究グループが「文学賞」をそれぞれ受賞しました。

イグ・ノーベル賞の授賞式は、例年、ハーバード大学で行われてきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、3年連続でオンラインで行われました。
式では、過去のノーベル賞受賞者から紹介を受けた受賞者たちが自分の研究の面白さをユーモアたっぷりに説明していました。
工学賞に選ばれた千葉工業大学の松崎元教授もオンラインで登場し、自分の鼻をつまむとき、自然と2本の指を使っていることを例に、太さの異なるつまみを回す際、無意識のうちに指の本数が決まってくるという研究の内容を紹介していました。
松崎教授は「このような素晴らしい賞をいただきとても光栄に思います。デザインの分野では多くの研究者がこのような人間の無意識の行動を研究しています。今後、より多くのデザイナーが受賞することを願っています」と受賞の喜びを語っていました。