台風8号 千葉県最接近で非常に激しい雨

台風8号は13日夕方、静岡県の伊豆半島に上陸し、この時間は千葉県に最も接近しています。
千葉県内には非常に激しい雨が降っていて、13日夜遅くにかけて大雨のおそれがあり、気象台は大雨や洪水の警報を出して土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、台風8号は午後5時半ごろ静岡県の伊豆半島に上陸し、この時間は千葉県に最も接近し、台風本体の発達した雨雲がかかっています。
午後8時までの1時間には、千葉県が千葉市中央区に設置した雨量計で59ミリの非常に激しい雨を観測したほか、千葉県勝浦市で37ミリの激しい雨が降りました。
銚子地方気象台は午後7時半以降これまでに12の自治体に大雨警報や洪水警報を出しました。
千葉市、市原市、四街道市、八街市、木更津市、君津市には大雨警報と洪水警報が出されています。
佐倉市、酒々井町、銚子市、大網白里市には大雨警報、富里市、山武市には洪水警報が出されています。
局地的に風も強まり、勝浦市では午後7時20分ごろに31メートル、横芝光町では午後8時ごろに23.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。
台風はこのあとも北東へ進み、千葉県では夜遅くにかけて雷をともなった非常に激しい雨が降る見込みです。
14日夕方までの24時間に降る雨の量は、多いところで150ミリと予想されています。
また、13日の最大風速は、陸上で15メートル、海上で20メートル、最大瞬間風速はいずれも30メートルと予想されています。
波の高さは北東部と夷隅・安房では6メートルと予想され、うねりを伴って大しけとなる見込みで、銚子地方気象台は北東部と南部の沿岸に波浪警報を出しています。
銚子地方気象台は、高波に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。
また、強風や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。