関東甲信 各地で猛烈な暑さ 3日も熱中症への警戒を

2日は東京の都心で過去最長にならぶ8日連続の猛暑日となるなど、関東甲信の各地で猛烈な暑さとなりました。
3日も各地で真夏日が予想されているため熱中症への警戒を続けて下さい。
また日中の高温の影響で2日夜や3日の午後は大気の状態が不安定になる見込みで、山沿いを中心に雷を伴った非常に激しい雨や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

2日も関東甲信は高気圧に覆われて晴れて気温が上昇しました。
午後5時までの最高気温は長野県上田市で38.8度、前橋市で38.2度、埼玉県熊谷市で37.9度、宇都宮市で36.8度、甲府市で36.5度、茨城県つくば市で36度、東京の都心で35.2度と各地で猛暑日となりました。
東京の都心では過去最長に並ぶ8日連続の猛暑日となりました。
KDDIの通信障害の影響で一部観測データが入っていないため、ほかの場所でも猛暑日となった可能性もあります。
3日は曇りや雨のところもある見込みですが気温が高い状態が続きます。
日中の最高気温は前橋市と栃木県大田原市で35度、埼玉県熊谷市やさいたま市、宇都宮市で34度、横浜市、水戸市で33度、東京の都心、甲府市で32度などと予想されています。
こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、熱中症への警戒を続けて下さい。
熱中症で搬送される人が急増しているほか、高齢者などが熱中症の疑いで死亡するケースが相次いでいます。
屋内では冷房を適切に使用するよう、離れて住む家族や周囲の人が声をかけるようにしてください。
また日中の高温と上空の寒気の影響で、2日夜や3日の午後は山沿いを中心に大気の状態が不安定になる見込みです。
局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。
低い土地の浸水や川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風、それにひょうにも注意して下さい。