世界最大級の旅客機「空飛ぶウミガメ」運航再開 成田空港

機体に描かれたイラストから「空飛ぶウミガメ」の愛称で親しまれ、ハワイとの間を結んでいた世界最大級の旅客機、エアバスA380型機がおよそ2年ぶりに成田の空に戻ってきました。

エアバスA380型機は座席数520の世界最大級の旅客機で、3年前、日本の航空会社では初めて全日空が成田とハワイを結ぶ定期路線に投入していましたが、コロナの影響でその後、運航を取りやめていました。
1日は2年ぶりに運航を再開することになり、成田空港で記念の式典が開かれました。
この中で、全日空の井上慎一社長は「この日を心待ちにしていました。航空業界がコロナ前の元の姿に戻るきっかけになってほしい」と述べました。
搭乗する埼玉県の女性は「この飛行機はハワイを感じることができるので、念願でした。現地では密を避けてのんびり過ごしたいです」と話していました。
エアバスA380型機は以前と同じ成田空港とハワイのホノルルを結ぶ定期路線に投入され、週2往復、運航することになっています。