特産のびわの出荷始まる 南房総市

千葉県南房総市で特産のびわの出荷が始まっています。

千葉県南部の南房総市は温暖な気候をいかしておよそ300軒の農家がびわを栽培していて、今月からハウス栽培のびわの出荷が本格的に始まっています。
このうち穂積昭治さんのハウスでは朝早くから収穫作業が始まり、ひとつひとつ丁寧に摘み取っていました。
穂積さんのハウスでは3年前の台風でハウスの一部が破れるなどして収穫量が以前の6割にまで落ち込み、その後、やや回復したということですが、ことしは原油高の影響で厳しい状況が続いているということです。
穂積昭治さんは「ことしは春先まで寒い日が多く生育が遅れていますが、十分な甘さのおいしいびわに育っています。ぜひ味わっていただきたいです」と話していました。
南房総市では今月いっぱいまでハウス栽培のびわの収穫が続き、今月下旬からは露地物の出荷が始まることになっています。