八戸市の駅弁で食中毒の疑い 全国40の自治体で被害か

青森県八戸市の駅弁メーカー「吉田屋」の弁当を食べたおよそ100人が下痢やおう吐などの体調不良を訴えたと、19日、八戸市保健所が発表しました。
被害は、全国40の自治体に及んでいるということで、詳しいいきさつや原因について調べています。

青森県の八戸市保健所によりますと、17日、福島県内の保健所から八戸市にある駅弁メーカー「吉田屋」が作った弁当を食べた複数の人が体調不良を訴えていると、八戸市保健所に連絡がありました。

連絡を受けて保健所が調べたところ、19日午前までに、消費期限が今月16日と17日までの弁当を食べた男女およそ100人が下痢やおう吐などの体調不良を訴えていることが確認されたということです。

被害は少なくとも数百人にのぼるとみられていて、体調不良が確認されたおよそ100人の容体については現在調査中だということです。

保健所によりますと、この駅弁メーカーは、主に全国各地のスーパーでのイベントや、地元の八戸駅や新青森駅などJRの各駅を中心に駅弁を販売していて、被害は少なくとも全国40の自治体に及ぶということです。

八戸市保健所は「患者が食べたものや具合の変化について調査し、症状が食中毒に当たるかどうかを判断していきたい。また、食中毒と判断された場合は原因施設の特定や調査を行っていく」と話していて、詳しいいきさつや原因について調べています。

保健所や吉田屋のホームページによりますと、吉田屋は、明治25年創業の駅弁メーカーで、全国各地のスーパーで行われる駅弁フェアや地元の八戸駅や新青森駅などJRの各駅で弁当の販売を行っているということです。

弁当を食べた人が体調不良を訴えたことについて、吉田屋の吉田広城社長は「購入されたお客様を悲しませる結果となり、心よりおわび申し上げます。健康を害したお客様には1日も早い回復を社員一同お祈り申し上げます。原因について八戸市保健所とともに調査中であり、判明し次第お知らせいたします」と話しています。