十和田市の女子高校生 馬に顔を蹴られ搬送 馬術部の部活動中

22日午後、十和田市の農業高校で女子生徒が倒れているのが見つかり病院に運ばれました。
消防によりますと、学校の関係者は、女子生徒は当時、馬術部の部活動中で馬に蹴られたと説明しているということです。

22日午後3時すぎ、十和田市相坂にある三本木農業恵拓高校の職員から「女子生徒が馬に蹴られ倒れている」と119番通報がありました。

女子生徒は顔から血を流していて、ドクターヘリで八戸市内の病院に搬送されましたが、その際、意識はあったということです。

消防によりますと、通報した職員は女子生徒は馬術部に所属していて、部活動中に馬の手綱を引いていたところ顔を蹴られたと説明しているということです。

一方、女子生徒が倒れるところを見た人はいないということで警察は事故と事件の両面で詳しい状況を調べています。

この高校では、去年12月にも牛舎で清掃などの実習にあたっていた男子生徒が頭の骨を折る事故が起きています。