駐車場を緊急車両の待機場所に 青森市がパチンコ店と災害協定

地震などの大規模な災害が発生した事態に備えようと、青森市は、市内で展開するパチンコチェーンと店舗の駐車場を緊急車両の待機場所などとして利用する協定を結びました。

協定は、青森市と、東京に本社があり青森市内でもチェーン展開する会社が締結し、25日、青森市役所で締結式が行われました。

この協定には、地震や津波など大規模な災害が発生した際に、市内にあるこの会社の店舗の駐車場を、災害対応にあたる緊急車両や市の公用車などの待機場所として利用することや、やむをえず「車中泊」をする避難者の一時避難場所として利用することなどが盛り込まれています。

小野寺市長は「災害時には他の市町村から多くの応援職員が青森市に来ることが予想されるので、今回の協定は大変心強い。万が一の時はお力添えをお願いしたい」と述べました。

協定を結んだパチンコチェーン「ダイナム」の亀山尚胤エリアマネージャーは「会社としてできることは少ないかもしれないが、今後も災害発生時など地域の方の力になれるような活動を続けていたきたい」と話していました。