ミサイル発射 青森県 北海道と共同で国に要請文書発表

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、青森県は北海道と共同で、北朝鮮に自制を求めることなどを国に要請する文書を発表しました。

この中で、県と北海道は「ミサイルが青森県上空を通過したことは、住民の安全・安心に対し極めて憂慮すべき事態で断じて容認できない」として強く非難しています。

そのうえで、北朝鮮が繰り返すミサイル発射は国民の生命などを脅かすなどとして、北朝鮮に自制を求め、毅然とした外交を進めるよう国に要請しています。

さらに、今後ミサイルが発射された場合には、迅速に情報を伝達することや、万一、操業中の船舶や飛行中の航空機などに被害が出た場合には、救済策を取ることなども求めています。