“自殺は上司のパワハラが原因” 遺族が青森の住宅会社提訴

八戸市に本社のある住宅会社の男性社員が、上司から勤務成績を表彰する「賞状」を病気の「症状」ともじり、侮辱する言葉を書いて渡されるなどのパワハラを繰り返された末、自殺したとして、遺族が、この会社などに対して8000万円あまりの損害賠償を求める訴えを起こしました。
会社側は「重く受け止め、最大限誠意ある対応をとる所存です」などとコメントしています。

訴えを起こしたのは、4年前に自殺した八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」の40代の男性社員の遺族です。

訴えによりますと、男性は青森支店の住宅販売課で営業職として勤務していましたが、上司から「おまえはばかか」などのメッセージを繰り返し送られたほか、新年会の席では、勤務成績を表彰する「賞状」を病気の「症状」ともじり、「大した成績を残さずあーあって感じ」などと侮辱する内容を書いた紙を渡されたということです。

男性は、その1か月後に精神的な病気を患って自殺したということです。

遺族は「パワハラ行為を防止する具体的な措置を講じる注意義務を怠った」などと主張し、会社と社長に8000万円あまりの損害賠償を求めています。

男性の妻は「愛する人を失い、立ち直れないほどの悲しみは今も続いている。社員に長年パワハラを続けていたことがとても残念で、腹立たしく思っている」とコメントしています。

提訴を受け、「ハシモトホーム」はホームページ上にコメントを掲載し、「本件を重く受け止め、最大限誠意ある対応をとる所存です。現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めており、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきます」としています。