三村知事「青森空港と台湾や韓国を結ぶ定期便の再開を調整」

新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、外国人観光客の受け入れ再開に向けた観光庁の実証実験が全国各地で行われています。
これを受けて、三村知事は、運休が続いている青森空港と台湾や韓国を結ぶ定期便について、来年度以降に再開できるよう、航空会社と調整を進めていることを明らかにしました。

3日に開かれた定例の記者会見で、三村知事は、新型コロナの水際対策が緩和され、外国人観光客の受け入れ再開に向けた観光庁の実証実験が全国各地で行われていることについて「期待しているが、感染を拡大させずに経済を回すことも重要な課題となっている。実証実験で必要な検証をしっかりと行い、外国人観光客受け入れの本格的な再開につなげてほしい」と述べました。

そのうえで、新型コロナの影響で運休が続いている青森空港と台湾や韓国を結ぶ定期便について、来年度以降に再開できるよう、航空会社と調整を進めていることを明らかにしました。

この路線では、今年度中にチャーター便を運航することを目指しているということで、三村知事は「これまでも韓国の大韓航空や台湾のエバー航空と緊密にやりとりをしていて、航空会社は、再開に向けて非常に大きな期待を示している」と話していました。