26人新規感染 クラスター影響

青森県は、16日、新たに26人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
26人のうち、20人はクラスターと呼ばれる感染者の集団が発生した、弘前市内の飲食店の従業員と客です。
また、2人は、この飲食店の従業員の家族と知人、1人は医師や職員の感染が相次いでいる弘前市の弘愛会病院に勤務する人です。
残りの3人は今のところ、飲食店や病院との関連はわかっていません。
これで飲食店の従業員と客の感染者は合わせて35人、病院の医師や職員の感染者は、合わせて5人となり、県は、飲食店に続いて、弘愛会病院についてもクラスターが発生したという認識を示しました。
これで県内の感染者は、合わせて83人となりました。